美味しいしあわせ

くつろぎのひと時のお料理やお菓子とお酒 季節の花と緑

忙しい方へオススメ1週間の献立を考える

皆さんは日々のご飯作りで何が一番大変ですか?

献立をきめ必要なものを買い出し 料理する

私がこの中で一番大変なのは献立を決める事 

我が家の畑からやってくる大量の旬の食材を使い切りながら 家族全員の好みを忖度して作る

それぞれ好みも違うし母屋に住む高齢の義両親とは食べられる硬さも違って献立に悩みます

母屋の義両親のご飯は毎日持っていくわけではないけれど

義母の体調がすぐれない時 お寺さんの法話を聞く日 義父と病院に行く日などはあると助かるかしらと作ることがあります

また一緒に住む家族の分にしても

今日は晩ごはんのいらない主人 

明日は大学の講義を受講するので帰宅が遅く10時をすぎて晩ごはんを食べる主人

けれど娘は実習中で疲れて帰ってきたらすぐにご飯を食べさせて早く実習のレポートに向かう時間を確保してあげたい

ちなみに母屋の義両親は毎日きっちり6時に食べ始めます

日々条件が違うなか何人分作るのかメニューはどうするのか 考えるのは至難の技

天ぷらや唐揚げ なんかはみんなで一斉に食べる日でないと冷めたものを出すことになるし 夜の10時から揚げるのも食べる方も嫌

夜遅く食べるならいっそさっぱり蒸し鶏と野菜たっぷり冷麺でサッと晩ごはんを終わらせたい

f:id:habbule-no-neko:20240621170202j:image

けれど母屋に持っていくなら冷麺だけというわけにもいかない

とか。。

あ〜っ!みんな食べたいものリクエストしてくれたら何も考えずに済むのに

いっそ作りまくるほうがラクだわ(泣)

と毎日毎日朝起きて晩ごはんを考え続けるのが本当に苦痛でした

そんな折

実家の父が入院することに。

両親の家から病院が遠く 当時弟家族は仕事でドイツに住んでいたので私が病院通いをすることになり

入退院を繰り返す2年間の闘病中

ほぼ毎日通っては衣類を交換し 食べたいものを差し入れ 検査の結果をドクターと面談して 手術があれば緊急時に備えて待合室で一日無事を祈って待ちました

ところが そうこうするうちに

次は義父も手術することになり入院

父と病院がたまたま近かったので

義父の入院している病院まで義母を車で送りそのまま私は父の病院へ

一通り仕事を済ませ一旦家に帰り 父の衣類を洗濯 乾燥させ 頼まれた備品など買い出しして 母とドイツの弟に父の様子を連絡 家の片付けや庭の水やり 掃除洗濯をしてご飯を作る 

時間になれば義母が電車で帰ってくるのを駅まで迎えに行き 毎日夕方6時には疲れた義母にお夕食を届け 

そのあと娘と主人を別々に駅まで迎えに行って帰ってきたら家の晩ごはんを出してあと片付け という怒涛の日々が続きました

もう頭は大混乱です

一番辛いのはやはり献立を考えることでした

そこでこれはライフスタイルを変えなければ回せないということでイチから生活のムダを省くことを決意

様々効率化を図りました

今日はその時思いついてやったこと

そして今も続いていることを書き残したいと思います

【朝ご飯について】

日ごとにメニューを変えていた朝食ですが

食べるものを決めて材料を固定

作業をルーティン化することと必要なものをまとめて効率化をはかりました

ちなみに朝食メニューはこちら

・ミキサーで作る季節のフレッシュジュース

・主人はパンとおにぎりとナッツ

・私と子どもたちはパンf:id:habbule-no-neko:20240621160521j:image

そのために使うものを朝食用トレーにまとめました

(冷蔵庫にまとめたもの)

おにぎりのお昆布とパンに塗るスプレッド トマトソース チーズ ベーコンなど

(ストレージにまとめたもの)

カップ カトラリー お皿 コーヒーセット ナッツ

フルーツは基本バナナとマンゴージュース 牛乳ですが季節のフルーツが手に入ればカットして種をとり冷凍庫で保存しておきます

朝ごはん用のトレーを作ることで何も考えなくてもそれさえ出せば次々と作業ができます

そして私が忙しいとき 家族がそこを探せば自分で朝食を作ることができます

そして買い忘れを防ぐためにパンは冷凍庫に必ず一つストックしておくことにしました

おにぎり用のご飯は前日多めに炊いてあらかじめ丸めて冷蔵庫で保存

念の為に冷凍庫にもいくつかストックしておくことにしました

【お弁当について】

前日にお夕食作りと一緒に素材を切って保存容器にまとめ翌朝はフライパンにあければすぐに調理できる状態にしておきました

ソースや合わせ調味料も前日に合わせて冷蔵庫に用意しておき炒めた具材にかければいいだけにしました

ちなみに

我が家のお弁当は一品しか作りません

保温弁当2つが定番 たまに平たい保存容器

[保温弁当1]

白ご飯 炊き込みご飯 茹でたうどんと具等

[保温弁当2]

丼のアタマ(ご飯抜き) 

皿うどんの具入り餡掛けのみ

つゆ 

唐揚げ ハンバーグ シチュー 春巻きなど[平たい保存容器]

ビビンバ丼 ローストビーフサンド キッシュ 冷麺と具材(ツユは添付のものをつけて食べるときに切ってかける) 皿うどんのパリパリ麺(餡は保温弁当) つけ麺の麺(スープは保温弁当)など

麺はごま油を絡ませておき一口づつにして並べます

f:id:habbule-no-neko:20240621161119j:image

【晩ごはんについて】

「1週間の家族の予定を確認し献立を決める」

(解説)

何人分作るのか 仕上げる時間は一緒なのかバラバラなのか

バラバラな時は作って時間がたっても温めなおせるかで献立が変わってきます

カレー シチュー 煮込みハンバーグ ロールキャベツなどのお料理は どのタイミングで出しても使える万能なお料理

しかも冷凍できるので私の中ではとっておきのカードです

これをバタバタしそうな一日に当てると当日は解凍して温めなおすだけで済みます

f:id:habbule-no-neko:20240621161650j:image

先に書いたような緊急事態のような日常でなくても1週間のうち一つこのメニューを入れておけば美術館に行ったり知らない街を探検したり 私だけの一日を作れます

「献立が決まれば使う材料をメモ用紙に書き出す 重なる素材は正の字で表していく」

(解説)

野菜や肉などの材料はもとより

調味料など家にあると思っていたのに買い置きがなかったという失敗もよくありますが

作る手順を考え材料を思い浮かべてメモしていくと あれ?あの調味料あとどのくらいあったかしらと冷蔵庫やストックボックスを確認して危うく切らすのを防ぐという効果もあります

買い物も一度で済むしメモしたものだけ買うので余計な出費も減ります

「1週間分を買い出しに行く」

(解説)

1週間が長ければ3日とか4日とか週末の分だけでも事前に用意出来ていればさっと料理作りを始められます

そのためにはやはり事前の献立作りが必要

でも 週末あのメニューを食べるために今週頑張ろう!というモチベーションにもなります 私は全力でそっち派です(笑f:id:habbule-no-neko:20240621162509j:image

「帰ってきたら冷蔵庫に入れる前に素材を洗い作るメニューに合わせて事前に切っておける素材は必要な形に整えて保存容器へ」

(解説)

茄子などは切ると傷むのが早いので洗ってヘタを切ってビニール袋でスタンバイ

大根などはあらかじめ切っていても2日ほどは持ちます

使うまで日にちがあれば洗うだけにしておき 

3日前くらいなら大根の皮だけむいてすぐ切って使える状態にしビニール袋でスタンバイ

ここまでしておけば大根おろしもすぐにすれます

なんなら必要量切って すりおろしておいてと家族に頼むのもスムーズに。

野菜はサラダに使うなら切って保存容器で冷やしてスタンバイしておいたほうがパリッとします

使う日までの日数を計算していまどこまで準備できるかを考えます

でも失敗談も

大根おろしはあまり早くすりおろして準備すると味が変わってしまいました

野菜により切るべきタイミングがあります

それでも洗ってヘタなどとっておくだけでもお料理するストレスが一つ減りますf:id:habbule-no-neko:20240621162755j:image

「茹でておけるものは茹でて水分をしっかりとって保存する」

(解説)

ブロッコリーなどは茹でて水分をしっかりとって冷蔵庫で保管しておくと火が通っているのでシチューなど最後に入れることが出来て色が変わりにくいです

じゃが芋も茹でて皮を剥いて保存容器にあるとポテトサラダやフライドポテト 煮物 コロッケ ヴィシソワーズなどすぐに作れます

カボチャ さつまいもなどは蒸してビニール袋に入れて上から手で押して潰して冷蔵庫 もしくは冷凍庫へ

スープ コロッケ カボチャサラダ お菓子など作れます

ちなみに

水分を取る用に日本手ぬぐいを一つ決めて用意しています

よく水分を吸いますし洗って乾かせばすぐに乾きます

お気に入りのものにすれば少し気持ちもアガリます(笑)

f:id:habbule-no-neko:20240621164046j:image

「必要なお出汁があれば季節によって日持ち出来る日数分とって保存容器に入れて冷蔵庫」

(解説)

水出しでお出汁をとるのもいいですね

味付けがいくつかあるなら鰹と昆布でお出汁をとっておけばどんな味つけにも対応できます

またとても楽ちんなのは

市販のつゆを買ってストックしておくこと

これは出汁に醤油 みりんなどで味付けしてあるうどんなどのつゆとしてスーパーの麺類コーナーに置いてあもの f:id:habbule-no-neko:20240621155036j:image

これがあれば麺類のつゆとしてはもちろん

煮物やお鍋 煮浸し 天つゆ 揚げ出汁豆腐のつゆ 片栗粉でとろみをつけて蕪蒸しなどの餡掛け など工夫次第で様々間違いのない味付けに仕上げられますf:id:habbule-no-neko:20240621165856j:image

「下ごしらえして冷凍できるものは冷凍する」

(解説)

先ほど紹介した茹でたり蒸したりしたものの他に

里芋は皮をむいてさっとお出汁 醤油みりんで薄味をつけて冷凍しておき片栗粉をつけて揚げると美味しい一品になります

イカと炊いても。義母がよく作ります

ぼっかけなんかは牛すじを買ってきたら作ってしまい冷凍庫で保存f:id:habbule-no-neko:20240621155909j:image

お好み焼きや焼きそば うどんにも凍ったまま入れて料理できます

餃子 ワンタン 焼売は作って冷凍しておくとあとは焼くだけスープに入れるだけ 蒸すだけで作れます

鶏モモ1枚肉は買ってきてすぐに中華スープ 塩 紹興酒 生姜 葱で茹でスープごと保存容器に入れて冷蔵庫で保管します

少しづつサラダに使ったり バンバンジーや中華スープの具にしたり 冷やし中華やラーメン うどん 素麺 にゅうめんの具にもなります

f:id:habbule-no-neko:20240621160153j:image

「肉や魚は個別にすぐ使えるようにして広げラップで包みなおし更にビニール袋に入れてパッチンでとめて冷凍庫で保存」

(解説)

薄切り肉は豚でも牛でも。

買ってきた時は重なっていますがラップにある程度広げてから凍らせると凍ったまま必要量割って使うことも出来ます

豚なら豚汁 野菜炒め 

牛なら砂糖 醤油 酒で味付けしてうどんに入れれば大阪の肉吸い

凍ったまま煮込み料理にも入れられます

鶏肉は1枚肉ならきちんと広げてラップ

使う用途に応じてきっておいてもいいです

魚は味噌漬けや干物など冷凍しておくと便利だし味も落ちにくいです

「冷凍できるメニューは早めにまとめて作り冷まして冷凍庫で保存する」

これはよく使う手なので皆さんも冷凍庫に何かしら入っていらっしゃのではないでしょうか

カレー シチュー 餃子 焼売 煮込みハンバーグ ミネストローネスープ クリームコロッケの揚げる前などなど

先に紹介したカボチャの蒸したのを牛乳少量と合わせてミキサーし先にスープの元を作ってビニール袋で冷凍しておけば 鍋にいれて牛乳を足して量を調整しコンソメ バターですぐにスープが作れます

いろいろ書いてきましたが

最後に大切なこと

冷蔵 冷凍に関わらず早めに消費して下さい

安全にも関わりますが

何より美味しいうちにいただいてしまうのが一番だからです

f:id:habbule-no-neko:20240621164348j:image

さて

ここまで 

追い詰められた私が必死で考えて

工夫したことを書いてみました

けれど

凄いでしょ!

などと自慢するつもりは毛頭ありません

むしろ

本当はきちんと日々お買い物に行って新鮮な食材を買い その日の食べる時間に合わせて心をこめて調理することが一番「美味しい!」の近道だということは重々承知しています

そして 私にとっての便利 時短が読んでくださる皆さん全員に共感出来る万能薬でないことも重々承知しています

便利 時短は人によってそれぞれ

だからこれを手本にやることがその人にとってのベストにならないことも理解しています

けれど

いま何となく負担に感じている食事作りを見直すことで 何が負担なのかハッキリ自覚すれば 自ずとどこを工夫すれば楽になれるのかがわかってきます

献立作りが苦手なら いっそ食べる人にリクエストしてもらうのもひとつ

もしくは自分が何が食べたいか思いついたらメモしておくのもレパートリーを増やす一つの手です

主婦って案外作ることばかりを負担に感じて自分は何が食べたいのかちゃんと考えていないことってありませんか?

食欲こそお料理を頑張れる一番の原動力

食べたい!と思えば積極的にお料理に向き合える気がします

私の最初のお料理したい気持ちは

親戚の叔父様からいただいた今田美奈子先生のお菓子作りのご本から始まりました

こんな美味しそうなクッキー

私も食べてみたい!!

そこからたくさん失敗しながらも

ここまでお料理を作り続けてきました

そして もしあなたが献立に迷ったら 

良ければこのブログの検索欄で「簡単」や「丼」「食材名(茄子や人参 牛肉 エビ)」などで検索してみて下さいませ

一つでもヒントになるものがあったなら是非アレンジして自分にあったお味や作り方にして下さい

そんな風にお役に立てればとっても幸せです

そして一番大切なのは

絶対に無理をしないこと

心が「無理!!」と叫んだら

家族にもきちんと伝えて手抜きさせてもらう

テイクアウェイを使ってもいいし食べに行ってもいい

レトルトやコンビニ 

なんなら◯クド(大阪風に(笑)東京はマック ですね)を使っても。

試しに

「お母さんもう無理ぃ〜(泣)今夜はマクドナルドでもいいかしら」

と言ってみたところ 家族全員大盛りあがり

え〜!いま期間限定何があるの?

え シェイクとかつけてもいいの?

となんだか普段より喜んだこともありました

なんかショック(笑)

でもそれも日々家庭のご飯を食べているから

無理せず自分の心も大切になさって下さい

あなたのご機嫌な笑顔が

家族の一番の幸せです!f:id:habbule-no-neko:20240621165728j:image