美味しいしあわせ

くつろぎのひと時のお料理やお菓子とお酒 季節の花と緑

禁断のバターキャラメルクリーム


f:id:habbule-no-neko:20230127191107j:image

キャラメルって

確実に人を幸せな気持ちにします♫

ヴェルタースというドイツのキャラメル

私も大好きなこのキャラメルのCMは 

とっても共感できるもの

「私がおじいさんからもらった初めてのキャンディー

それはヴェルタースオリジナルで私は4歳でした

その味は甘くてクリーミーで こんな素晴らしいキャンディーを貰える私は

きっと特別な存在なのだと感じました」

存在を祝福されている味

なかなかそんな気持ちになる食べ物はないのではないでしょうか

材料も手に入りやすく お鍋一つでできる

食べたくなったらお家で手作りしてみては♫

今回は柔らかく仕上げて朝食のパンに塗れるものに仕上げました

ヴェルタースのキャンディーのようなタフィーのレシピは以前アップしています

ブログ内「タフィー塩キャラメル」で検索してくださいね♪

f:id:habbule-no-neko:20230127191136j:image

 

☆レシピ☆

 

「禁断のバターキャラメルクリーム」

(材料)

ラニュー糖 200g

水 50cc

塩 小1/2

バター 100g

生クリーム 200cc

 

(作り方)

・バターをレンチンで軽く溶かしておく

・溶かしたバターに塩を入れておく

・生クリームを冷蔵庫から出して蓋をあけてすぐに注げる状態にしておく

キャラメル作りは時間との勝負

材料は全部用意して挑みます♪

・鍋にグラニュー糖とお水を入れて火にかける

非常に高温になるので テフロンのお鍋は避けて下さい お鍋を痛めてしまいます

・軽くゆすりながら溶かしていく

だんだん透明から茶色に色づいていく

加速的に焦げていくので 色がついてきたなぁと思ったら少し火から離して また火にかけて離す を繰り返すとお好みに仕上げることが出来ます

高温になりすぎると煙が出てくるので そこまでで止めて次のバターを入れてください

・お鍋をシンクに持って行って シンクの上で溶かしておいたバターと塩を合わせたものを入れる

ジュウウといって飛び跳ねることもあります

ブクブクしても慌てず騒がず そのうち落ち着きます

・もう一度火にかけて生クリームを入れて耐熱ヘラで混ぜる

少し分離したようにみえても混ぜていると合わさってきます 

火加減はごくごく弱火

IHなら保温か1くらいでいいと思います

5分から10分ほど 適当な濃度で火を止める

火からおろしたばかりはこんな感じf:id:habbule-no-neko:20230127191148j:image

少し冷ますとこんな感じ
f:id:habbule-no-neko:20230127191155j:image

ずいぶん冷ますとこんな感じ
f:id:habbule-no-neko:20230127191212j:image

冷蔵庫に入れるとさらに固まります

火から下ろす時にサラサラでも 時間がたって冷めてくると濃度が高くなります

柔らかめで仕上げた方が使いやすいと思います

お鍋や火加減によっても何分と決められないので 何度か作ってお好みの柔らかさに仕上げて下さい

もし 冷蔵庫で少し固めに仕上がってしまっても大丈夫

スプンですくったかたまりごとパンに乗せてトーストすると 溶けて液状になります

器に入れて軽く数秒レンチンしても 柔らかくなります

とはいえ どんな固さでも美味しいのがキャラメルのいいところ 

アイスクリームと一緒に パンと クッキーと チョコと なんでも合わせて 美味しく召し上がって下さいませ♫

旬のフルーツタルト リンゴのシナモンジャムのタルト


f:id:habbule-no-neko:20230125075215j:image

先日アップした「リンゴのシナモンジャム」

を使ってタルトを作りました♫

手作りジャムだからこその美味しさ!

使っているのは キッシュの生地パートブリゼとカスタード そしてリンゴのシナモンジャムです

どれも簡単に作れるものばかり

季節によってフルーツをかえてジャムを作れば その時期の旬のタルトを作ることが出来ます

パンに塗って食べるのも美味しいけれど

タルトにするとワンランク上の上質なお菓子になります♫
f:id:habbule-no-neko:20230125075224j:image

 

☆レシピ☆

 

「リンゴのシナモンジャムのタルト」

全体の流れは

リンゴのシナモンジャムを作り

パートブリゼでタルトを作り

カスタードを作り

タルトにカスタードをしき 

溶かしたジャムを塗り完成

カットして泡立てた生クリームを添えてボナペティ♫

 

〈リンゴのシナモンジャム〉

(材料)

リンゴ 2個

砂糖 160g

シナモンスティック 2本

バター 100g

(作り方)

・リンゴの皮と芯を取り除いて 微塵切りし フライパンに入れ 砂糖とシナモンスティックを入れて火にかける

・クツクツして水分が出てきたらシナモンスティックを絡ませながら30〜40分ほどごく弱火でじっくり香りを移す

焦がさないようにゆっくり

途中焦げそうになってきたら極少量づつ白ワインを入れてゆるませる

・シナモンスティックごと容器に入れ 2.、3日寝かせて香りを移しなじませる

2、3日経ったらシナモンスティックを取り出し リンゴだけをお鍋に移す

・鍋にバター100gも入れて軽く溶かし どちらも温まりゆるんできたら 火をとめてバーミックスでペースト状にして出来上がり

 

〈パートブリゼ〉型にしく生地

(材料)22センチ型

薄力粉 100g

強力粉 60g

塩 2g

細かくカットした冷たいバター 85g

卵黄 1個

冷水 大1.5

(作り方)

・生地を寝かせるためのラップを用意する

・ボウルに粉をふるって塩 卵黄 冷水 冷たいカットしたバターをいれて 手でバターがパラパラになるまで粉類と混ぜ合わせ 最後にひとまとめにしてラップで包む

・冷蔵庫で30分寝かせる

・冷蔵庫から出してタルト型の大きさにのばす

固ければのばせる程度になるまでしばらく置いてください

型の大きさくらいに伸ばして型に入れる

あとは手で押しながらヘリまで全体に行き渡るよう広げる

フォークなどで全体をついて 生地全体に穴を開けておく

こうすると焼いても膨らんだりせずキレイに平らに焼けます

〈成型のコツ〉

焼くと縮むので 最後にへりをおし上げて 少し型から飛び出すように高さを出しておくと 焼いた後カスタードなどを入れやすくなります

・成型したタルト型をもう一度冷蔵庫で15分冷やす

・オーブンを200度に予熱

・冷蔵庫から出して200度で20分焼く

・焼き上がりは柔らかいので 型に入れたまま冷ましておく

 

〈カスタード〉

(材料)

牛乳 350cc

ラニュー糖 60g

バター 15g

 卵黄 2個

薄力粉 7g

コーンスターチ 20g

(作り方)

・お鍋に牛乳とグラニュー糖の半量を入れて弱火で溶かす

・ボウルに卵黄と砂糖の残り半量を入れ 砂糖が飛び散らないように少しなじませてからミキサーで白っぽくなるまで混ぜる

・白っぽくなれば そこにザルで振るった粉類を入れ こちらも粉が飛び散らないように少しなじませてから ミキサーで混ぜる

・そこに少しづつ砂糖を溶かした牛乳を入れ さらにミキサーにかける

・鍋に茶こしなど目の細かい濾し器で濾しながら入れる

泡立っている場合は まず泡を鍋に移し 液体を濾して入れる

・中火でもったりとしたクリーム状になるまで 休まずかきまわし続ける

・仕上げにバターを入れて混ぜ 出来上がり

 

〈タルトの仕上げ〉

・冷めた型からタルトを取り出し カスタードをしき詰めて 表面に溶かしたリンゴのシナモンジャムを塗り広げる

・生クリームを泡だて カットしたタルトに添えてボナペティ♫

和牛のステーキ 聖夜のよそおい


f:id:habbule-no-neko:20230126110332j:image

昨年末のクリスマスパーティーでお出ししたメインのお肉料理

牛モモ肉にブルーチーズのソース マッシュルームのディップ マッシュルームのソテーをのせたもので 聖夜にふさわしくドレスアップしました☆

もちろん 深い赤ワインとともに!

特別な日の お味です♫f:id:habbule-no-neko:20221228211721j:image

 

☆レシピ☆

 

「和牛のステーキ 聖夜のよそおい」

全体の流れは

お肉を冷蔵庫から出して室温に戻す

マッシュルームとナッツのディップを作って

マッシュルームのスライスを焼き

お肉を焼いて寝かせ

ブルーチーズを溶かし

温めたお皿に お肉をのせブルーチーズのソースを上面に塗り マッシュルームのディップを重ねて塗り 上にスライスマッシュルームを1枚1枚美しく並べて完成です♪


〈マッシュルームとアーモンドのディップ〉

(材料) 

マッシュルーム 200g

アーモンド 20g

アンチョビペースト 10g

チューブニンニク 5g

バター 40g

(作り方)

・マッシュルームをみじん切りする

・アーモンドは 食感を感じる程度に切る

・フライパンにバターを入れ中火で溶かし マッシュルームとアンチョビペースト チューブニンニクを入れて炒める

・火が通ってしんなりしてきたら中弱火で水分を飛ばすように炒め続ける

ヘラで混ぜた時にフライパンの底がしっかり見えるくらいまで炒める

・ミキサーでミックスする 

・器に取り出し アーモンドみじんを入れて混ぜ合わせて完成

 

〈マッシュルームスライス〉

・マッシュルームを縦にスライスして フライパンで軽く塩して焼く

 

〈お肉を焼く〉

・室温に戻したお肉に塩して 両面を焼き色がつくように強火で焼き バットに入れたら上からもう一つバットで蓋をして予熱で仕上げる

 

〈ブルーチーズのソース〉

・ブルーチーズを耐熱皿に入れてラップして軽くレンチンする

ジュといって溶け始めたら様子をみて 8割柔らかくなったところで止めるくらいで大丈夫です

やりすぎると飛び散ってしまうので気をつけて

 

〈仕上げ〉

・温めたお皿にお肉をのせ ブルーチーズソースを塗り マッシュルームディップを塗り スライスマッシュルームを美しく並べて完成♪

 

 

海老のポタージュ ガーリックブレッドと野菜を添えて


f:id:habbule-no-neko:20230123164121j:imagef:id:habbule-no-neko:20230123164347j:image
f:id:habbule-no-neko:20221228210556j:image

昨年末のクリスマスパーティーでお出ししたスープ♫

クリスマスカラーのお野菜とガーリックブレッドをトッピングにして 

一口目はスープをそのまま 

二口目からはトッピングを浮かべて

マリアージュを楽しんで召し上がっていただきました

海老の旨みを存分に感じられるスープ

思わず歓声の上がったスープです!
f:id:habbule-no-neko:20230123164159j:image

☆レシピ☆

 

「海老のポタージュ ガーリックブレッドと野菜を添えて」

 

〈ガーリックブレッド〉

(材料)

フランスパン薄切り

多めのバター ニンニクチューブ

(作り方)

・フライパンにバターとニンニクチューブを入れ溶け合わせたらパンを入れて焼く

少しカリッとするまで焼く 

 

〈トッピング野菜〉

(材料)

ズッキーニ パプリカ

(作り方)

・ズッキーニは1センチ角に切りフライパンで焼く

パプリカはグリルで20分焼いて焦げた皮をむいてから1センチ角に切る

 

〈海老のポタージュ〉

(材料)6人分

人参 300g

有頭海老 300gほど

バター 10gを2個

玉葱みじん 1/2こ

白ワイン 50cc

スープ(水とコンソメ) 800cc

市販のブーケガルニパック 1つ

ローリエ 1枚

塩 適量

仕上げ用 生クリームか牛乳少々

 

(作り方)

・よく洗った人参を皮ごと輪切りにして スープを入れたお鍋にブーケガルニ ローリエとともに入れて柔らかくなるまで蓋をして煮る アクが出たら取り除く

・玉ねぎをみじん切りにする

・海老は口や足 尻尾などキレイに洗って 頭と殻と身をわけて 身の汚れた背ワタを除く

海老の頭の味噌はなるべく残るように洗ってください

頭の中が砂などでとても汚れているようなら 汚れている所を取り除くか 使わない方がベター

・玉ねぎをフライパンでバター10gを入れて炒め 火が通れば海老の身もいれて炒め大きめのバットに取り出す

・海老の身と玉ねぎのバットに 人参のスープの人参を取り出して合わせて置く

ブーケガルニローリエは取り除く

スープはそのままお鍋の中でキープ

・先ほどの玉ねぎと身を炒めたフライパンで 海老の頭と殻 バター10gを新たに入れて 香ばしい香りがするまで焼く

そこに白ワインを加えてアルコールをとばす

・海老の殻のフライパンに 人参を煮たスープを移し ヘラで海老の頭や殻を押してエキスを出しながら少し煮る

・スープをザルで濾す

・濾したスープ 海老の身 玉ねぎ 人参を合わせてミキサーする

量が多いので半分づつして下さい

・鍋に移し味をみて 足りなければ塩を足す

・仕上げに生クリームか牛乳を少量加える

 

〈仕上げ〉

スープを温めて器に入れ トッピングを盛り合わせお出しする

 

海老の旨み人参の甘さ 

そしてお野菜とガーリックブレッドと一緒にいただく 食べるスープ♪

なので パーティーなどでお出しするなら  全体のお料理のボリュームを考えて

あまり大きなお皿よりは 普通か小さめのスープ皿くらいがちょうどいいと思います

お野菜やガーリックブレッドも 

小さめに添えてお出しします

だけど もし朝食や ブランチにいただくなら是非たっぷりと♫

大きめのガーリックブレッドたっぷりなら きちんとした一食になります

f:id:habbule-no-neko:20230123193327j:image

さてさて パーティーの始まりは乾杯から☆

最初のお酒が白ワインやカヴァなら

こちらのスープには ピッタリ

白ワインなら オススメは我が家の定番

イタリアの微発泡ワイン「ARAGOSTA」

お味 そしてカワイイ海老のラベル♪

最高のマリアージュです!

香りでいただく蒸し鶏


f:id:habbule-no-neko:20230123135644j:image

昨年末のクリスマスパーティーでお出しした「香りでいただく蒸し鶏

華やかな香草の香りは作っている時から パーティー気分を盛り上げてくれます♫

冷蔵庫で一晩から二晩ほど寝かせるので 忙しい日には事前に仕込んでおけば あとは蒸すだけ

手軽な日常使いにもピッタリなレシピですf:id:habbule-no-neko:20230123135819j:image

☆レシピ☆

 

「香りでいただく蒸し鶏

(材料)

皮なし鶏モモ肉 2枚

〈ソミュール液〉

水 500cc

塩 5g

粗塩 20g

クローブ 3〜5こ

粒胡椒 8〜10こ

コリアンダー 10〜20こ

ネズの実 3〜5こ

潰した薄皮付きにんにく 2片

タイム 1枝 なければフリーズドライ

ローリエ 1枚

 

(作り方)

・ソミュール液の材料をお鍋にすべて入れて煮立て 冷ました中に 皮をとった鶏肉を入れてジップロックなどで 一晩から二晩ほど漬けておく

・鶏肉を引き上げて 器に入れてラップをかぶせて 蒸し器で20分ほど蒸す

・冷ましてスライスしてボナペティ♫

仕上がりはしっとりしていて塩味がきいているので 前菜やサラダと共に召し上がるのにちょうどいいお味です

スライスしてタッパーで保存しておくと お弁当にもすぐ使えて便利ですよ

そういえば

今はお弁当から卒業しましたが ほんの一年前までは 一人目の息子から始まって 二人目の娘に至っては幼稚園から高校卒業まで 毎日お弁当を作り続けてきました

我ながらよく頑張りました(笑)

実は先ほどそんな娘の母校に 成人式の件で久しぶりにお電話を差し上げたばかり

娘の学校は幼稚園から一貫校で ご近所に知り合いがなく 成人式は学校主催のものに出席する予定なのです

昨日 娘の成人式用のお着物を購入した折り お店の方と着付けやヘアサロンの予約の話になり 

そういえばもう予約をしておかなくては!

と 慌てて懐かしの小学校に電話をして来年の成人の会の日程を問い合わせた次第

久しぶりに小学校の職員室にお電話するのは 緊張です(笑)

お電話口では事務の方が優しく対応して下さって 少し緊張も和らいで

すると お話している後ろから懐かしいチャイムの音色が!

娘の学校はカトリックの学校で チャイムはお聖歌「わたしの祈りを聞いてください」が流れます

思わず 

うわぁ♫懐かしいです!

と。。(笑)

娘よりキュンキュンしてしまう 私の子育て青春時代なのでした♫

リンゴのシナモンジャム


f:id:habbule-no-neko:20221227192658j:image

リンゴとシナモンは まるで生まれる前から出会っていたかのように仲良し♫

お互いを引き立てあって 美味しくおいしくなります

シナモンパウダーでもいいけれど やっぱりスティックを使った方が 上品な香りとちょっぴりのスパイシーさを感じることが出来ます

f:id:habbule-no-neko:20221227192710j:imagef:id:habbule-no-neko:20230118111416j:image

 

☆レシピ☆

 

「リンゴのシナモンジャム」 

(材料)

リンゴ 2個

砂糖 160g

シナモンスティック 2本

バター 100g

 

(作り方)

・リンゴの皮と芯を取り除いて 微塵切りし フライパンに入れ 砂糖とシナモンスティックを入れて火にかける

・クツクツして水分が出てきたらシナモンスティックを絡ませながら30〜40分ほどごく弱火でじっくり香りを移す

焦がさないようにゆっくり

途中焦げそうになってきたら極少量づつ白ワインを入れてゆるませる

・シナモンスティックごと容器に入れ 2.、3日寝かせて香りを移しなじませる

・2、3日経ったらシナモンスティックを取り出し リンゴだけをお鍋に移す

鍋にバター100gも入れて軽く溶かし どちらも温まりゆるんできたら 火をとめてバーミックスでペースト状にして出来上がり

f:id:habbule-no-neko:20230118153317j:image

10枚切りの薄いパンにのせてトーストしたものを 軽くバーナーで炙って焦げ目をつけました♫

焦げ目をつけたのは美味しそうに見えるから(笑)

もちろんこんな手間をかけなくても 普通に焼いただけで充分美味しくいただけます!

薄切りパンに乗せていただくのは私の敬愛する名探偵「ポワロ」を見習って♪

イギリスでは知らぬ人はいないであろう「ポワロ」は アガサ・クリスティの作品に登場する主人公の探偵です

本とドラマでは 色んなところが少しづつ違うようですが 私はドラマでポワロを知りました

父がミステリー好きでアメリカの「刑事コロンボ」があると必ず見ていて

私も幼いながらその名推理とともに アメリカのパーティーやら ショーやら 映画のスタジオやらの華やかなシーンに 異国の文化への憧れをつのらせていました

大きくなっても やはりミステリー好きの血は受け継がれているようで 「名探偵ポワロ」と出会ったときには それはもう夢中で 何回も何回もその名推理 画面の美しさ ポワロの気品に圧倒されながら拝見しました

大好きなポワロ!

ですが 彼のことをよく知ると 正直

あまりお友達にはなれないなぁ(笑)

と思えるほど几帳面な人物です

置物が曲がっていると必ずまっすぐに整え 外でベンチに座るときには必ず椅子が汚れていないか確認してハンカチーフをひいて座ります

コロンボとポワロ

アメリカとイギリス(厳密に言うと彼はベルギー人ですが)

かたやいい加減 かたや几帳面

元は同じ民族のはずですが こんなにも国民性が違うのかと 

またとりまく環境の違い(時代が違うので厳密には比べられませんが)シリアスな身分や階級という区別のあるなしなども 見ていて大変勉強になります

そして コロンボとの大きな違いの1つに

ポワロが大の食通であるということがあります

美味しいものが大好き!

食べ物へのこだわりは 彼の人生の楽しみの大きな1つであると感じられます

自宅での朝食は決まって

耳を落とした薄切りパンを3センチ角ほどにカットしてお皿に美しく並べたものに 赤いジャムをきちんと1つづつ均等に美しくぬったもの

その一連の決まった所作を途中で邪魔されたときの彼の苛立ちは 気の毒 だけどコミカル(笑)

几帳面な人の哀愁を 見事に表現したシーンだと私個人的には好きなシーンです

彼ほどではないけれど 私も少し似たところがあるから カナ?

彼の悲しい性(さが)に 自嘲をこめて微笑みます(笑)

朝の甘い幸せ カスタードバナナサンド


f:id:habbule-no-neko:20230118134546j:image

大学生になって お洒落して通学しなくてはならなくなった娘が 

時間がたりなぁい(汗)と 

だんだん朝食を摂らなくなってきました

なんとかして一口でも 食べて行って欲しい!

ということで カスタードバナナサンドです♫

f:id:habbule-no-neko:20230118102126j:image

 

☆レシピ☆

 

まずはカスタードを作ります

〈カスタード〉

(材料)

牛乳 350cc

ラニュー糖 60g

バター 15g

 卵黄 2個

薄力粉 7g

コーンスターチ 20g

 

(作り方)

・お鍋に牛乳とグラニュー糖の半量を入れて弱火で溶かす

・ボウルに卵黄と砂糖の残り半量を入れ ミキサーで白っぽくなるまで混ぜる

・白っぽくなれば 振るった粉類を入れ さらにミキサーで混ぜる

粉が飛び散るので いきなり回さず 粉と液体を一体化するまで混ぜてからミキサーのスイッチを入れてください

・そこに少しづつ砂糖を溶かした牛乳を入れ さらにミキサーにかける

・鍋にザルなどで濾しながら入れる

ザルに残った泡はスプーンですくってお鍋に入れてあげて下さい

・中火でもったりとしたクリーム状になるまで 休まずかきまわし続ける

・仕上げにバターを入れて混ぜ 出来上がり

 

これを使ってカスタードバナナサンドを作ります

残ったカスタードは冷蔵庫で保管しておけば また翌日 軽くレンチンするだけでフンワリします 

くれぐれも軽く 加熱しすぎると飛び散ることがあるので気をつけてください

 

「カスタードバナナサンド」

(材料)

サンドイッチ用食パン 

バナナ 6センチほど

カスタード 適量

 

(作り方)

・サンドイッチ用パンの上にカスタードをぬり 左右に縦半分にカットしたバナナを置いて さらにカスタードをのせ 上からパンをのせて軽く押さえてなじませ 四ツイチに切る

f:id:habbule-no-neko:20230118102207j:imagef:id:habbule-no-neko:20230118102218j:imagef:id:habbule-no-neko:20230118102235j:imagef:id:habbule-no-neko:20230118102226j:imagef:id:habbule-no-neko:20230118102138j:image

優しい甘さで栄養たっぷり♫

娘の「キレイ!」の時間のために 少しはお役にたてるかしらん

さて そろそろ 起きてくる時間。。

「おはよう〜♫

今朝は美味しいパンあるよ!」