美味しいしあわせ

くつろぎのひと時のお料理やお菓子とお酒 季節の花と緑

シナモン香るチュロス


f:id:habbule-no-neko:20210309135109j:image

ホワイトデーのお返しにピッタリ♫

シナモンの香り高い、手作りチュロスです。

学校に持って行っても食感や風味が変わることなく、カタチも崩れにくいのでたくさん配るのにはもってこいのお菓子。 

もちろん、お家のみんな集まるリビングにストックしていつでもつまめるお菓子としても。

我が家では朝食になることもあります。

アフターディナーにチュロスウイスキー

なんていうのも、美味しくて♫ 

どんなシーンにも使える便利なスイーツです。

f:id:habbule-no-neko:20210309135120j:image

「シナモン香るチュロス

(材料)5センチなら50本ほど

強力粉 100g

牛乳 150cc

バター 20g

卵 1個

ラニュー糖 大2

シナモン 小1/2

絞り袋

星型の口金

チュロスが星型の理由〉

小麦粉料理を揚げるときは、油の中で破裂する時があります。

これは、小麦粉のグルテンが加熱されると水蒸気を発生するから。

砂糖とベーキングパウダーを入れるレシピ(小麦粉100gに対して砂糖10g以上、ベーキングパウダー3g以上含有)だとそれらが小麦粉の水分を吸収して破裂することはありませんが、チュロスのように砂糖もベーキングパウダーも入れないレシピの場合はキレイな丸形の口金などで揚げてしまうと水蒸気の逃げ場がなくなり破裂することになります。

星型の口金を使えば、絞り出した表面が粗くなるためそこから水分が抜け出て破裂を防ぐことが出来るので大丈夫。

揚げていてもシュワシュワと水分が出てくる程度で油が周りに飛び散ることはありません。

台湾の朝食などでよく食べられる揚げパン(油餅ヨウピン)なども本当に美味しいので、日本で食べたい!と手作りしたいのですが、作るときには必ずレシピの通り忠実に作ることが大切です。

(作り方)

・強力粉をふるっておく。

・後で混ぜる作業があるので、少し大きめの鍋に牛乳とバターを入れて溶かしながら軽く温める。

決して沸騰させないように気をつけて。

・そこにふるった強力粉を入れてごくごく弱火で混ぜる。

この段階では固い生地なので、ヘラで押し付けるように混ぜ合わせる。

粉が生地の中でダマにならないようにキレイに混ぜ合わせる。

もし、慣れなくて時間がかかりそうなら一旦火を止めて作業してもいいです。

・ひとまとめになれば溶いた卵を3回に分けて、少しづつ入れてよく混ぜる。

ここもごくごく弱火。

時間がかかりそうならここでもいったん火を止めて作業してもいいです。

・柔らかいうちに口金をつけた絞り袋に入れる。

背の高いコップなどに口金をつけた絞り袋を入れておき、そこに生地を入れていくと作業がしやすいです。

・油を160度に熱しておく。

・油の中にチュロスのタネを適当な長さに絞り出して揚げていく。

美味しそうな色になればOKです。

この、タネを絞り出すのが一番の難所。

絞り出しにくいタネなので、ビニールの絞り袋が破れたり、口金が飛んで出たりすることも。

コツは、

右手はタネの上の袋を握り、

左手は口金と絞り袋を一緒に握り、口金のすぐ手前をギュウと絞って口金にタネを押し込む感覚で絞り出すことです。

手間取ったら諦めて一旦脇において、油の中の絞り出したタネを美しく揚げることに専念しましょう。

タネがなくなる頃には慣れてスムーズに絞れると思います。

・揚がったら油を切って、大きなボウルに入れ、熱いうちに砂糖とシナモンを振り、手で混ぜ合わせると出来上がり。

最初はお砂糖と馴染みにくいですが、よくよく混ぜていると油分や水分でしっとりしてお砂糖も馴染みやすくなります。

シナモンのいい香りがキッチンに漂いますよ♪

DALLMAYR フレイバースコーン 


f:id:habbule-no-neko:20210308151152j:image

いつものスコーンにDALLMAYRのティーバッグの美味しい魔法をお借りして♪

簡単に上品なフレイバースコーンを作ります。

f:id:habbule-no-neko:20210308151732j:image

DALLMAYRの「TULSI  RELAX」

柑橘とジンジャーの風味が鼻をくすぐります。 

三角ティーバッグに入っている茶葉をミルサーにかけて生地に混ぜ込んで焼きます。

プロの方がブレンドして下さった素敵なフレイバーで美味しいスコーンが簡単に出来ちゃうなんて。

幸せな時代です♫f:id:habbule-no-neko:20210308151209j:image

「DALLMAYR フレイバースコーン」

(材料)

フレイバーティーティーバッグ 1つ

薄力粉 125g

ベーキングパウダー 10g

砂糖 15g

塩 ひとつまみ

バター 40g

卵 1個

牛乳 25cc

(作り方)

・お好きなフレイバーティーティーバッグから取り出した茶葉をミルサーにかけて細かくする。

・大きめのボウルに砕いた茶葉・薄力粉・ベーキングパウダー・砂糖・塩ひとつまみを振るい入れる。

・バターをレンジで軽くチンして柔らかくする。

・別のボウルに卵・牛乳を入れてまぜる。

・粉類のボウルですべてを合わせて混ぜる。 

ねっとりした仕上がりです。

・オーブンを180度に予熱する。

・スプーン2つを使ってクネルを丸めとるやり方でまとめてクッキングペーパーに落としていく。

クネルの作り方とは、

片方のスプーンに適量取り、もう片方のスプーンで丸めとる。また片方のスプーンで丸めとるを繰り返してキレイな形にしていく作り方です。

・180度のオーブンで15分焼いて出来上がり。

f:id:habbule-no-neko:20210308151217j:image

 

イカスミのアヒージョ


f:id:habbule-no-neko:20210306204543j:image

イカスミ大好き♫

パスタソースを使った簡単イカスミアヒージョです。 

今回は旬の蛍烏賊を使ってみました。

もちろん普通のイカでOKです。

隠し味は少しのお砂糖。

これでグンと旨味のバランスがとれます。f:id:habbule-no-neko:20210306204559j:image

イカスミのアヒージョ」

(材料)

イカスミパスタソース 1袋

蛍烏賊もしくはイカ 100g

玉ねぎ 1/3個

オリーブオイル 100cc

ニンニク 1片

鷹の爪 1本

塩 少々

砂糖 小1

 

お好きなパン 適量

(作り方)

・玉ねぎは薄くスライス。

・ニンニクは細かいみじん切り。

蛍烏賊は目玉を取る。

イカなら一口サイズにカット。

・鍋にオリーブオイル・ニンニク・イカ・玉ねぎ・鷹の爪を入れて、材料にだいたい火を通す。

鷹の爪は割って中の種を取り除き、手で砕いて細かくしながら鍋に入れます。

イカスミパスタソース・塩・砂糖を入れて温めたら出来上がり。

・器に入れて、パンにつけて召し上がれ♪

甘辛ビビンバ丼


f:id:habbule-no-neko:20210305212621j:image

甘くてしょっぱくて、ごま油やニンニクの香味たっぷりのビビンバ丼。

娘のリクエストで、お弁当にもよく作っています。

野菜がたっぷりいただけるヘルシーなメニュー。

いただく時にはお丼の中でよく混ぜて。

頬張るとお肉の旨味、野菜そのままの味、そして香味野菜の風味と香り、お米の甘みが花火みたいにお口のなかでスパークします♪

f:id:habbule-no-neko:20210305212629j:image

「甘辛ビビンバ丼」

(材料)4人分

ご飯 適量

キムチ 適量

ほうれん草 一束

もやし 1袋

人参 1本

塩・ごま油 少々

牛肉 400g

砂糖 大2

薄口醤油 大2

ヤンニョンジャン 大1

塩 小1

ニンニクチューブ 小2

ごま油 小2

胡麻・葱などの薬味

(作り方)

・キムチは食べやすい大きさに切っておく。

・ほうれん草は軽く湯がいて水に取り、水分を絞って一口に切る。

ボウルで塩・ごま油少々と和える。

・もやしも軽く湯がいて水に取り、水分を絞る。

ボウルで塩・ごま油少々と和える。

・人参は皮をむいて食べやすい長さに切り、薄い短冊に切って、更に細切りにする。

ボウルで塩・ごま油少々と和える。

・牛肉は食べやすい大きさに切ってテフロンのフライパンへ。

油をひかずに肉・砂糖・醤油・ヤンニョンジャン・ニンニクチューブ・塩を入れ、混ぜ合わせてから火にかけさっと焼く。

仕上げにごま油をかけて混ぜ合わせる。 

・ご飯を丼によそい、キムチ・ほうれん草・もやし・人参・牛肉を美しくのせて胡麻・葱などをちらす。

梅詣と湯豆腐


f:id:habbule-no-neko:20210227220053j:image

春先の冷たい向かい風のなか、自転車で大阪藤井寺にある道明寺天満宮に梅詣に行きました。

数年前から主人とお揃いの自転車で遠出するのが楽しみで、しまなみ海道や奈良明日香村、京都は嵐山など走ります。f:id:habbule-no-neko:20210227222958j:image

今日は道明寺天満宮へ。

あの桜餅に使われる道明寺粉発祥の地です。

関東と関西の桜餅は違いますが、結構大きくなるまで桜餅といえば道明寺粉で餡を包んで桜の葉で巻いたもの。が全国共通だと思っていました。

小さな頃から食べ慣れているせいか、私はあのつぶつぶした感触で春を感じます。

天満宮さんといえば梅。

北野天満宮さんには長五郎餅目当てで♪この季節は必ずお詣りに出かけていましたが、道明寺天満宮さんは初めて。

「春告草」ともいわれる梅の紅白咲き乱れる姿に、春の息吹を感じる一日となりました。

f:id:habbule-no-neko:20210227223047j:imagef:id:habbule-no-neko:20210227223540j:image
f:id:habbule-no-neko:20210227223426j:image
f:id:habbule-no-neko:20210227223105j:imagef:id:habbule-no-neko:20210227223145j:image

とはいえ、今日は寒かったぁ!

晩ごはんは湯豆腐にしよっか。

ということで、自家製のポン酢を作って湯豆腐。

梅の生麩を散らして、子ども達にも梅詣のお裾分けです♫

f:id:habbule-no-neko:20210227220035j:image
f:id:habbule-no-neko:20210227232459j:image
f:id:habbule-no-neko:20210227231852j:image

「自家製 柚子まるごとポン酢」

(材料)

薄口醤油 250c

お昆布 5cm角

鰹節 ひとつかみ

みりん 50cc

柚子皮と果汁 50g

こちらは別にアップしている「すぐに使える柚子の香りまるごと」で作り方を参考になさってみて下さい。

(作り方) 

・すべてを鍋に入れフツフツしてきたら少しして火を止めて置いておく。

・冷めたらザルで濾して冷蔵庫でしばらく寝かせる。

寝かせることで、味が馴染みます。

「湯豆腐」

(材料)

お豆腐・大根・人参・キノコ・白菜・葛切・梅生麩

水・昆布

お好みで薬味に刻み葱

(作り方)

・大根・白菜・葛切は軽く茹でておく。

・お鍋に水とお昆布を入れて火にかけ、お昆布が開いたら取り出す。

・具材を入れて火が通れば、ポン酢をつけてお好みで刻み葱など入れて召し上がれ。

春先の冷たい風に吹かれた日の夕餉。

あったまりますよ♫
f:id:habbule-no-neko:20210227220500j:image

桃の節句


f:id:habbule-no-neko:20210222123603j:image

懐かしい、桃の節句の日に撮った写真を、

義父がお財布に忍ばせていることを、義母が教えてくれました。

今年も、実家から娘の初節句に贈られた七段飾りを飾り終えた私、

ええ〜♪見せてみせて!

とせがむと、

たまに財布を持っている時に、この写真を見ている

と、義父。

そこには子ども達と、まだベビちゃんの従兄弟を抱っこしている若い義母が、お雛様の前でちんとん座って写っています。

あ、ちんとんは我が家でお行儀よく座るという意味です。

ちなみにお風呂は、「タンタン」

座るのは「オッチン」

背負うのは「パッパ」

歯磨きは「ハーミー」

あと、目薬をさすときは「キッティちゃん」と言ってさします。

辛いことを可愛らしいキャラでごまかすという作戦です(笑)

それはさておき、

普段はちょい強面の義父ですが、お出かけ先でチラッと孫たちと義母の写真を見て癒やされている。という話に胸キュン♫

子ども達、そして義母。

愛されてるなぁ。。

としみじみ。

愛される幸せ♫

子ども達はちゃんと感じてくれているかしらん。

f:id:habbule-no-neko:20210225114550j:image

f:id:habbule-no-neko:20210222123622j:image

聖護院大根と甘味噌


f:id:habbule-no-neko:20210221204321j:image

京都では聖護院大根と呼ばれる柔らかいお大根。

我が家では丸大根と呼んでいます。

お昆布のお水で茹でて冷まし、しっかり柔らかくなったところでもう一度温め、しっとりした白い肌のお大根を甘じょっぱいお味噌をつけていただきます。

主人の冬一番のお楽しみ。

日本酒のある夜はこれで一杯いただきます♪

しみじみとした、冬の夕餉です。f:id:habbule-no-neko:20210221204843j:image

聖護院大根と甘味噌」

(材料)

聖護院大根 適量

お昆布 一切れ

水 かぶるくらい

〈甘味噌〉

お味噌 80g

我が家は甘くない白味噌です。お味噌はご自宅の食べ慣れているものが一番。お味噌にあわせてお砂糖やお醤油など調整して下さいね。

砂糖 小1

醤油 少々

味醂 少々

(作り方)

聖護院大根の皮をむき、分厚く大きめにカットします。

角を面取りして口当たりを柔らかくすると、優しいお味になります。

今日は美しく丸型で抜きましたが、ご家庭では食べやすいお好きな大きさに切って下さい。

・大きめのお鍋に大根を並べ、たっぷりお水を入れてお昆布を入れて火にかけます。

・途中、お昆布が広がったら取り出し30分茹でる。

・火を止めてしばらく置いておく。

中まで柔らかくなります。 

・冷ましている間に、甘味噌を作ります。

材料すべてを小鍋にいれて、混ぜながら温める程度に火を通します。 

もしくは、耐熱容器に入れてよく混ぜてからレンチン10秒ほどで大丈夫です。

長くかけると飛び散ることがあるので気をつけて下さい。

・食べる前にもう一度、聖護院大根を温めて器に盛る。

・甘味噌をのせて召し上がれ♪