美味しいしあわせ

くつろぎのひと時のお料理やお菓子とお酒 季節の花と緑

旧大阪市公館でランチ


f:id:habbule-no-neko:20240524124254j:image

20数年来の友人との気のおけないランチ

前から気になっていた旧大阪市公館に行ってきました

こちらは現在結婚式 レストラン 会議等を主に手掛ける

「ザ ガーデンオリエンタルホテル大阪」

として営業されていらっしゃいます

JR東西線の「大阪城北詰駅」で待ち合わせて歩いてすぐの所にあります

f:id:habbule-no-neko:20240524124416j:image

爽やかな春の日和

少し早めに待ち合わせ1時間ほどお庭や館内を見学せていただきましたf:id:habbule-no-neko:20240525201641j:image

この建物は大阪市公館として1959年(昭和34年)に竹腰建造氏の設計で建てられた建物

竹腰建造は長谷部竹腰建築事務所の創業者の一人でありその建築事務所は現在の日建設計の母体でもあります

日建設計は日本はもとより世界の建物の設計から都市計画まで手掛ける会社で

最近では東京ミッドタウン リッツカールトン日光やコンラッド大阪などなど多数の優れた建築と都市計画を手掛けています

その竹腰氏が設計した大阪市公館

当時大阪では第5回日米市長及び商工会議所会頭会議が開催されることになり迎賓館の役割を兼ね備えた大阪市長公館(その後大阪市公館となる)として建築されました

近くには「藤田美術館」や藤田邸跡公園がありこの建物のある敷地も公園の中にあります

そう

元々ここは実業家藤田傅三郎男爵の広大な屋敷「網島御殿」があった場所なのです

藤田氏のことは私はよく存じ上げなかったのですが 一度「藤田美術館」を訪れたことがありその時にその素晴らしいコレクションの数々や静謐な美しさを持つ「藤田美術館」の素晴らしさを知り 藤田氏についても学ばせていただきました

藤田傳三郎(ふじた でんざぶろう)

1841年(天保12年) - 1912年(明治45年) 日本の商人 実業家であり大変な美術蒐集家でもありました

明治時代の大阪財界の重鎮で藤田財閥創始者です

出身は山口県萩市で父親は醸造業や下級藩士に融資をする掛屋を営んでいました

明治に入り長州藩が払い下げた大砲などの武器を大阪に運んで巨利を得 以来時代の波にのりながら様々興した事業は数しれず

現在の東京三菱UFJ銀行 リーガルコーポレーション 関西電力 琵琶湖汽船 藤田組 DOWAホールディングス 阪堺鉄道 大成建設 毎日新聞など多くの企業が藤田氏の興した事業から現在へと続いています

大阪発展の礎を作った藤田氏は1885年(明治18年)大阪商法会議所(現在の大阪商工会議所)初代会頭五代友厚についで2代目会頭として就任

1887年には大阪商品取引所の初代理事長をつとめています

1911年(明治44年)民間として初めて男爵に叙せられその翌年1912年(明治45年)に亡くなられました

存命中は謡曲 能楽 茶道など様々な道を極めた彼

美術品への造詣も深く日本の美術品が海外に流出するのを防ぐ目的もあり様々な美術品を蒐集していました

御子息らと集めた美術品は国宝を含む多数の素晴らしいコレクションとして現在大阪市都島区綱島町にある「藤田美術館」で見ることが出来ます

この藤田美術館や藤田邸跡公園そこに隣接する今回の旧大阪市公館はもともと傅三郎氏の私邸のあった場所で亡くなったあと分割され御子息らに相続されました

その後この旧大阪市公館のある場所については大阪市の所有となり公館が建設され

そこから時を経て橋下徹市長の代で自治体の外交戦略は大阪府が中心に担うべきだとする方針のもと2014年(平成26年)に閉館

その後大阪市はこの場所を民間に活用してもらうこととし「ザ・ガーデンオリエンタル・大阪」が営業を始めることとなり現在に至ります

f:id:habbule-no-neko:20240527163544j:image

f:id:habbule-no-neko:20240524125115j:image

緑豊かな車寄せを通り玄関へと向かいます
f:id:habbule-no-neko:20240524124901j:image

どこまでが当時のものかはわかりませんが照明や天井画 家具などレトロで上品

まさに迎賓館にふさわしい上質さに溢れています
f:id:habbule-no-neko:20240524124448j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524124531j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524124607j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524124822j:image

f:id:habbule-no-neko:20240524124634j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524124657j:image

こちらは2階

もう一つ大きそうなお部屋もありましたがそちらは撮影出来ませんでした

かつては大阪市長の執務室や応接室として使われていたそうです
f:id:habbule-no-neko:20240524124713j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524124734j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524124805j:image

素敵なお庭と茶室があると聞いていてホテルの方にお聞きすると案内して下さいました
f:id:habbule-no-neko:20240524125827j:image

東庭にある茶室「二水亭」

茶室両側には二水の由来小川が流れています

これは当時の市長中井光次氏が茶室のある場所を市役所のある中之島に見立て

両側の小川を堂島川土佐堀川そして小川が注ぐ池を大阪湾と見立てた趣向となっています
f:id:habbule-no-neko:20240524125850j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524125910j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524125941j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524125955j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524130027j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524130043j:image

f:id:habbule-no-neko:20240524130058j:image

少し行くとこちらは増設されたであろう瀟洒な式場となっており中にはハープが2台おかれていました

f:id:habbule-no-neko:20240524130114j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524130147j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524130200j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524130216j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524130230j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524130240j:image

池の鯉など眺めながら散策しているとランチのお時間

ソフアのある待ち合い室に通されてしばらくするとお席へ案内されましたf:id:habbule-no-neko:20240527164432j:image

お庭の見渡せるお席にはすでにテーブルセッティングがなされていて カトラリーなどに大阪市の市章「澪標(みおつくし)」が刻まれています
f:id:habbule-no-neko:20240524130758j:image

f:id:habbule-no-neko:20240524132425j:image

澪標は昔 難波江の浅瀬に立てられていた水路の標識で 天保年間の絵図に今の市章と同じ形をしたものが描かれており

昔から浅瀬への注意喚起のために立てられていたものでした

大阪は昔から水運の拠点として繁栄を極めてきた歴史があり 人々に親しまれ  港にもゆかりの深いみおつくしは明治27年大阪市の市章に制定されました
f:id:habbule-no-neko:20240524132438j:image

ドリンクは別料金

ランチは1500円から5500円まで選べますが5500円は品数が多すぎたので私達は3000円ののものにしました

一品目のコンソメスープ

丁寧に作られたコンソメスープのお味

昔結婚式のアテンドのお仕事をしていた友人が「この香り懐かしい!結婚式の香りだわ」

と懐かしんでいました(笑)
f:id:habbule-no-neko:20240524132455j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524132507j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524132519j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524132531j:image

お料理は少しづつ丁寧に作られたものが提供されどれも本当に美味しかったです

これなら5500円のコースでも食べられたかもねと話していましたが

デザートはこの6種類からお選び頂けます

全部でも結構ですよ♫

と勧めて下さったので欲張って全部のせ!
f:id:habbule-no-neko:20240524132544j:image

このデザートも少しづつ美味しいものをいろいろといただけてお紅茶とともに最後はお腹いっぱいになりました

実はちょうど結婚式を挙げるカップルがお庭で親族の方々も交えて写真を撮影しておられ

こんな素敵な場所でこんな美味しいお料理の披露宴

記憶に残る素敵な結婚式になるだろうなぁとこちらも幸せな気持ちでお食事させていただきました

ちなみにお昼もいいけれど

お庭を散策して見かけた照明の数々に

「夜にはきっと素敵な灯りで更にムーディーな場所になるんだろうね」

と友人と話していました

その友人夫婦とは家族ぐるみのお付き合いで定期的にあちらの御夫婦と私と主人の4人で集まっては美味しいお料理やお酒を飲みにいく間柄

次回はここで集合したいわねぇ♫

と企みましたが果てしなく飲むこのメンバー

とってもお高くなりそうで夢は叶いそうにありません

もう少し上品に飲める日が来るまで 

夢はお預けかな(笑)

旬のスダチで蕪と生ハムのカルパッチョ


f:id:habbule-no-neko:20240524181810j:image

蕪は春にも旬を迎えます

我が家の畑で採れたての蕪を

生ハムとカルパッチョにしました

柑橘はこれも旬のスダチ

生き生きとした生命の幸せな味わい

今夜は久しぶりのARAGOSTAです
f:id:habbule-no-neko:20240524200545j:image
f:id:habbule-no-neko:20240524181800j:image

☆レシピ☆

「旬のスダチで蕪と生ハムのカルパッチョ

(材料)

生ハム

スダチ

塩 オリーブオイル スダチ

(作り方)

・蕪は厚めに皮をむいて適当な大きさにスライスする 

皮と美味しい部分の間に隙間があります

そこまで皮をむいてください

・器に蕪と生ハムを並べオリーブオイルをかけ塩してスダチの皮をすりおろし横にスダチを添えてボナペティ!

パリパリ麺のおつまみ


f:id:habbule-no-neko:20240518134821j:image

B級もいいところですが

案外これ 止まりません(笑)

前回ご紹介した皿うどんのスープのもとで作る天津飯

それで余ってしまったパリパリ麺を使います

しばらく置くとシナシナになってしまいます

是非作りたてを食べて下さいね
f:id:habbule-no-neko:20240520131855j:image

f:id:habbule-no-neko:20240518134827j:image
☆レシピ☆

「パリパリ麺のおつまみ」

(材料)4人分
パリパリ麺 2つ

細切り葱 ひとつかみ

大葉 10枚

茗荷 3本

カシューナッツ 6粒

鎌田のだし醤油 小1.5

ごま油 小1.5

ラー油 お好み量

(作り方)

・市販の皿うどんのパリパリ麺だけ使います

ボウルにパリパリ麺を砕いて入れる

・細切り葱 大葉の細切り 茗荷のみじん切り カシューナッツのみじん切りも入れて鎌田のだし醤油 ごま油 ラー油を回しかけ混ぜ合わせる

・器に盛り付けてキンキンに冷やしたビールとボナペティ!

中華丼じゃなくて天津飯


f:id:habbule-no-neko:20240519221736j:image

中華丼と天津飯

いつも何が違うのか分からずお店で何となく

「中華丼お願いします」

と言ってから出てきたお料理を見て

間違えた〜!とガッカリします

中華丼はご飯の上に八宝菜をかけたもの

天津飯はご飯に卵焼きをのせ餡をかけたもの

今回は私の好きなほう「天津飯」です

ちなみに

関西では天津飯

関東では天津丼?なんですね

かける餡も関西は中華スープや醤油をベースに作るあっさりした餡

関東は醤油やケチャップにお酢を合わせた甘酢餡とのこと

そういえば関東で天津飯を食べたことがなかったので今まで知りませんでした

今まで全国共通の味だと思っていた天津飯の味付け

今回は超手抜き

パリパリ麺の皿うどんのスープの素を使った

簡単味付けいらずの天津飯ですf:id:habbule-no-neko:20240520131602j:image

ただしこれを作るとパリパリ麺がのこって困ってしまいますよね

フッフッフ

そんな事もあろうかと「パリパリ麺のおつまみ」なる一品を次にご紹介します

これですべて無駄なく美味しく頂けます

良ければお試し下さいませ

案外スプン止まらない一皿となっております


f:id:habbule-no-neko:20240519221812j:image

☆レシピ☆

「中華丼じゃなくて天津飯

(材料)4人分

もやし ニラ キクラゲ 豚肉など

卵 人数分〜お好みで増やして下さい

皿うどんスープのもと 2つ

(作り方)

・ご飯を炊く

皿うどんに入っているスープのもとを書いてある分量の水で溶かす

・野菜は洗って適当な大きさに切る

キクラゲは一度沸騰したお湯で煮沸してザルにあげる

・豚肉も適当な大きさに切る

・フライパンに油をひいて豚肉を炒め野菜類を合わせて塩少々して更に炒める

・水で溶いておいたスープを入れて混ぜながらトロミを出す

・ボウルに卵を溶いて塩少々する

・別のフライパンに多めの油を入れて 熱々にしたら溶いた卵を入れ固まった所を集めてフワフワに仕上げる

・ご飯を盛り玉子焼きをのせトロトロの餡をかけて召し上がれ

お漬物モンダイ


f:id:habbule-no-neko:20240503214039j:image

我が家のお漬物モンダイ

義母はお大根のお漬物を薄く切ったのが好き

買ってきたお漬物を薄く切って出すと義父がプンスカして「漬物は太い方が美味しい!」と主張します

私と娘はお大根も好きだけど

一番好きなのは白菜のお漬物

特に私は葉先が好き

けれど白菜のジクの部分には胡麻をまぶすと美味しい

全員に有無を言わさず納得させるためみんなでお食事する時はそれぞれの好みに合わせてお漬物を用意します

これでみんなハッピーです♫f:id:habbule-no-neko:20240503214044j:image

ちょっと手間だけど 切り方で味わいも変わります

ちなみに水茄子のお漬物は切るより割くのが美味しい

胡瓜の浅漬けなんかは娘は丸ままいただくのが好き

味の濃い宮崎のつぼ漬けは細く細く切ったのをいただくとビールが止まりません

人の数だけ切り方 食べ方のあるお漬物

ちなみに

私のお漬物とのファーストコンタクトは

奈良漬け

なぜなら私の実家は全員奈良出身だから

なかなかのディープな出会いでした

鮟鱇のわた酢


f:id:habbule-no-neko:20240513214347j:image

先日 神戸港−西大分港の弾丸フェリー旅に行ってきました

弾丸とはその素早さからのネーミング

船中2泊現地滞在12時間という凝縮された旅

夕方に港を出て早朝現地到着

出港はその日の夜

しかも船中泊は雑魚寝という超お安くハードな旅です

その模様は近日ブログにアップする予定

そこで詳しくお話しますが

その時お夕食に訪れた「コツコツ庵」という郷土料理をいただける居酒屋さんでいただいた「わた酢」なる食べ物がとっても美味しかったので今回お家でも作ってみました

わた酢とは

お魚のワタ(内臓)をポン酢でいただくもの

何種類かのワタなるものが入ったお料理で漁港近くでないとなかなか味わえない一品です

それでも今の時代の有難さで百貨店などいくと新鮮な魚のワタが手に入ることもあります

今夜はボイルされて売られていた鮟鱇の肝で「わた酢」を作りました

あん肝大好きな私には最高のビールの友ですf:id:habbule-no-neko:20240513214336j:image

☆レシピ☆

「鮟鱇のわた酢」

(材料)

鮟鱇の肝

玉葱

ワカメ

(作り方)

・茹でてある鮟鱇の肝を適当な大きさに切る

・玉葱はスライスして水で何度かつけ洗いして辛味を取り絞っておく

・ワカメは水で戻したものならよく洗い1分ほど茹でてザルにとり適当な大きさに切る

・葱は小口切り

・すべてを器に盛りポン酢でいただきます

ポン酢は市販品で十分ですが手作りするならこちらを参考になさって下さいませ

「自家製 柚子まるごとポン酢」

(材料)

鎌田のだし醤油 100cc

お昆布 3cm角

鰹節 ひとつかみ

みりん 15cc

柚子皮と果汁 15g

※お醤油が違うと仕上がりのお味が全く変わります

(作り方)

・すべてを鍋に入れフツフツしてきたら少しして火を止めて置いておく

・冷めたらザルで濾して冷蔵庫でしばらく寝かせる

寝かせることで味が馴染みます f:id:habbule-no-neko:20240514114317j:image

f:id:habbule-no-neko:20240514114404j:image

弾丸フェリー旅 到着した大分は雨でした

港に降りたって30秒で靴ごと水たまりに突っ込んでタップタプの一日を過ごした思い出の一日となりました(笑)

けれど温泉最高!

ご飯最高!の素敵な旅でしたので

またブログにアップさせて頂きます

よければまたお読み頂けると幸いです

そら豆と新玉葱の寄せ揚げ


f:id:habbule-no-neko:20240511215331j:image

「そらまめくんのベッド」は

子ども達が小さな頃何回も何回も読んだ絵本 

義父が収穫したそら豆を子どもたちとむき そらまめくんのベッドを撫でては「フカフカだねぇ」と話していました

そんな旬のそら豆を旬の新玉葱と寄せ揚げにします

f:id:habbule-no-neko:20240511215339j:image

☆レシピ☆

「そら豆と新玉葱の寄せ揚げ」

(材料)

そら豆 新玉葱 適量

塩 少々

天ぷら粉と水

(作り方)

・そら豆をむいて中の豆だけにする

外のフカフカベッドをあけて豆を取り出し外皮をむいて中の豆だけにする

この作業 とても大変なので今回生豆と茹でた豆で両方作りました

どちらも仕上がりはおんなじでどちらかと言うと茹でてから揚げた方が甘い気がします

労力を考えても茹でてから外皮を向いた方が楽に皮がむけるので茹でた方がオススメです

生豆の場合むいたらサッと洗って下さい

・玉葱はスライサーで2ミリの厚さに切る

・ボウルに天ぷら粉を適量入れ水を入れ混ぜながら重めにとろっとするくらいに仕上げる

・別のボウルでそら豆と玉葱を合わせて上から塩少々して天ぷら粉を軽くまぶして混ぜる

こうすると水で溶いた衣が付きやすくなります
f:id:habbule-no-neko:20240511215348j:image

・材料を入れたボウルに水で溶いた天ぷら粉を入れて混ぜ合わせる

・取り分け用の大きなスプーンを揚げ油にさっとくぐらせ生地がくっつかないようにしてから上に具材を乗せそのまま天ぷら油にスライドして入れる
f:id:habbule-no-neko:20240511215354j:image

・180度で揚げる

f:id:habbule-no-neko:20240511215406j:image

そのままお塩でいただいたり

天つゆでいただいたり

天丼にしても美味しい
f:id:habbule-no-neko:20240511215410j:image
天丼のタレは
薄口醤油 濃口醤油 味醂が同量
そこにお砂糖と鰹節を入れて少し煮出して濾すと出来上がり
ちなみに以前紹介した分量は

薄口醤油50cc

濃口醤油50cc

味醂 50cc

砂糖 大3

鰹節 軽く一掴み です